MENU

間違ったメンズ洗顔について

間違ったメンズ洗顔の方法とは、7つあります

まず、間違ったメンズ洗顔の方法1つ目は、自分に合っていない洗顔料を使うことです。
人それぞれ肌に合うもの、合わないものがあり、自分の肌に合うものを見つけることは大変なことかもしれませんが、自分の肌に合うものを見つけ、それを使用していくことで、肌へのダメージを減らしていくことが出来ます。

 

2つ目は、洗顔をする前に、顔をお湯で濡らしておかないことです。
顔をお湯で濡らして温めておくことで、顔の毛穴が開き、洗顔をした時に、汚れが落ちやすくなるからです。

 

3つ目は、洗顔料をよく泡立てないことです。
そのためにはまず、手を水で濡らしておくことが必要になります。
手を水で濡らしておき、洗顔料をつけ、少しずつ水を加えながら、泡がゆるくなりすぎず、ほどよい泡になるようによく泡立てていきます。
上手く泡立てることが出来ないときには、泡立てネットを使って泡立ててみるとよいかもしれません。

 

4つ目は、優しく洗わないことです。
顔がテカってしまっていたり、皮脂を気にしてしまうあまり、強く擦ってしまいがちになってしまうかもしれませんが、肌を痛めてしまうため、あまりよくありません。

 

5つ目は、冷たすぎる水や、熱すぎるお湯での洗顔です。
洗顔には、冷たすぎても、熱すぎても肌によくありません。
冷たすぎる水では、皮脂があまり落ちてくれません。
また、熱すぎるお湯では、肌が乾燥してしまいます。
乾燥をしてしまうことによって肌は、皮脂を多く分泌しようとします。
また、それがテカりに繋がってしまい、悪循環になってしまいます。
冷たすぎる水も、熱すぎるお湯も、肌への刺激になってしまうので、あまりよくありません。

 

6つ目は、清潔なタオルを使用していないことです。
洗顔の後に顔を拭くタオルは毎日交換しているでしょうか。
何日も同じタオルを使用していることはあまりよくありません。
湿っているタオルでは、雑菌が繁殖しやすくなってしまっているためです。
せっかくきれいに洗顔した肌に、雑菌が繁殖したタオルを使ってしまうと肌によくありません。
タオルはなるべく毎日交換するようにしましょう。

 

7つ目は、タオルでごしごし強く拭いてしまうことです。
タオルでごしごし強く拭いてしまうと、肌への刺激になってしまうのであまりよくありません。
また、乾燥にも繋がってしまいます。

 

以上7つが、間違ったメンズ洗顔の方法です。

このページの先頭へ