MENU

メンズ洗顔料を選ぶときのポイント

顔にギラギラとしたテカリや、脂ギッシュなベタベタを感じているメンズの皆さんは多いはず。
ちゃんと洗顔したはずなのに、すぐにサッパリ感がが消えてしまうとか、洗顔直後は爽快感があったのに、すぐにベタつきを感じてしまうなど悩みも多いですよね。
女性のように毎日メイクをしたりするわけでもないのに、なぜメンズの皆さんの顔にトラブルが起きてしまうのでしょうか。
それは、汗をかくことにより、脂が過剰に出てしまう場合もありますし、仕事中のストレスや緊張感から、皮脂分泌量が増えてしまうこともあります。そして、ヒゲを剃ることにより、皮膚をむやみに刺激してしまうことも原因なのです。
そして、一番の原因ともいえるのが、正しい洗顔の知識を知らなかったり、丁寧な洗顔を怠っているのです。
きちんとした洗顔料を使うことにより、いつでもスッキリ爽快で誰からも好かれる肌になることができますので、頑張ってくださいね。

 

色々なタイプの洗顔料

洗顔料といっても、色々なタイプのものが販売されているのをご存知ですか。自分で泡立てて使う固形のタイプ、泡立てる手間が不要な泡のタイプ、使い心地の濃厚なジェルタイプ、細かい泡を作りやすいパウダータイプ、定番のフォームタイプなどがあります。洗顔料の効果は、タイプにより変わってきますが、色々なタイプを試すことにより、それぞれの使いやすさを実感できます。
面倒くさいと感じる洗顔料だと、結局継続して洗顔しなくなってしまったり、時間をかけるのが勿体無いと感じて洗顔を疎かにしまったりすることがあるので、まずは色々なタイプを使ってみることをおすすめします。
そして、自分自身でこれなら毎日継続して使い続けられると感じる洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

サッパリした使い心地の洗顔料選びのポイント

まずは、固形のタイプ。固形のタイプの主な種類は石鹸です。石鹸はサッパリとした使い心地を感じれるものが多いですが、無添加のものがあったり、保湿成分が入ったものもあります。
サッパリ感を感じるのに、刺激少なめで優しい使い心地なので、肌がテカリやすいけど、刺激が気になるという人には、特におすすめです。石鹸は自分で泡立てることが必要になりますので、洗顔泡を作るネットなどを利用すると手間を省けて便利です。
そして、濃厚な使い心地のジェルタイプ。ジェルタイプは、毛穴の中までしっかり洗浄して、毛穴のつまりや皮脂汚れをしっかり落とすことができます。キュキュっとした清涼感を感じることができます。効果も長く続きやすいので、肌がベタベタしやすい人には特におすすめです。

 

優しい使い心地の洗顔料選びのポイント

まずは、泡のタイプ。泡のタイプの洗顔料は、細かい泡が最初から作られているのが特徴です。肌を守りながら洗浄してくれるので、マイルドな優しさを感じながらスッキリ感を得られます。
面倒な泡立てが要らないので、せっかちな人や、時間に追われる忙しい人にもおすすめです。
そして、パウダータイプ。パウダータイプは、繊細で濃密な泡を作ることができるので、肌のバリヤー機能を守りながら洗顔することができます。優しい使い心地のものが多く、汚れはきちんと落ちるのに、しっとりとした潤い感も得られます。時間をかけてしっかり洗顔したいという人にはおすすめです。

 

さまざまな肌タイプに適した洗顔料選びのポイント

さまざまな肌タイプに一番適してくれるのがフォームタイプです。フォームタイプは一番ポピュラーで昔からあり、チューブ容器に入っています。適量を出し泡立てて使うものが一般的で、泡立てる時間もかからずとても使いやすいです。
細かなスクラブ入りのものや、メントール入りのものもあり、毛穴の奥までスッキリ洗浄できたり、角質を取り除いたりしながら、スーっとしたさわやかな爽快感を得られます。
ナチュラルな使い心地のものも多いので、脂っぽいけど肌が乾燥しやすい人にもおすすめです。スッキリ感としっとり感を同時に得られるので肌への負担もかからず、清潔に洗浄することができます。

肌の悩みをもつ男性必見!正しいメンズ洗顔の方法

女性に限らず男性陣も身だしなみには気をつけたい時代、もっとも重要なのはやはりスキンケアです。
ストレス社会で頑張る男性も肌トラブルに見舞われてしまっては敵いません。
特に若い学生や社会人の方の中には、肌に自信がない、コンプレックスになり恥ずかしい思いや困ってしまったという経験は誰しもあるかと思います。
スキンケアの中でも特に洗顔は手を抜くとすぐに人目についてしまいますので気をつけたいところですよね。
今回は、正しいメンズ洗顔の方法と洗顔料を選ぶ際の注意点についてご紹介したいと思います。

 

洗顔の前に手を洗う

綺麗にしているつもりでも、手にはたくさんの雑菌がついています。
手を洗わずにそのまま洗顔をしてしまうと、せっかく綺麗にしたいのに雑菌を顔に乗せてしまうことになります。
なので、顔を洗う前にしっかりと手を洗うようにしてください。

 

ぬるま湯かお湯ですすぐ

まずは、ぬるま湯かお湯でよく顔をすすぎます。
そうすることで顔の毛穴が開き、汚れや皮脂をある程度落とすことができます。
このときに注意したいのが、冷たいお水ですすいでしまいますと逆に毛穴が閉じてしまうので十分な洗顔の効果が得られなくなってしまいますので、できるだけぬるま湯かお湯ですすぐようにしてください。

 

よく泡立てる

洗顔料を手に適量取り、手のひらと指先を使ってよく泡立てます。泡立てネットで泡立てると尚良いです。
洗顔料をよく泡立てることで、きめ細かな泡が毛穴に入り込み効率よく汚れや皮脂を落とすことができます。
また、泡立てずにこすってしまいますと肌を傷つける恐れがある他、洗顔料で毛穴を塞いでしまうことになります。

 

ゴシゴシこすらない

泡を顔に乗せるようにして、手のひらを使ってやさしく円を描くように洗います。
前述にもある通り、直接肌をこすってしまいますと肌を削ってしまい必要以上に顔の皮脂を取ってしまったり、またシワやたるみの原因にもなってしまいます。
泡で汚れを包み込み洗い流すので、ゴシゴシする必要はありません。

 

5.お水をいっぱい使ってよく洗い流す

洗い流すときはそれほど時間を掛けなくても良いですが、洗い残しのないように完全に洗い落とします。
その為、お水をいっぱい使って洗い流すのが良いです。
また、ぬるま湯で洗い流し、最後に冷たいお水で顔をすすぐようにすると毛穴が閉じスッキリと洗顔を終わらせることができます。

 

.拭くときはやさしく丁寧に

顔にタオルを乗せ、ゴシゴシせずにタオルの上からトントンと軽く叩くようにして拭き取ります。
メンズ洗顔だからといっても洗顔後の肌は敏感な状態ですので、最後までゴシゴシはしないでください。
またこのとき、新しいタオルを使うようにしてください。
汚れたタオルや雑菌のついたタオルを使ってしまいますと、肌荒れやニキビの原因をつくってしまいます。

 

1日に何回も洗わない

できるだけ常に清潔にしておきたいところですが、1日に何度も洗ってしまいますとお肌を清潔に保ってくれる働きのある顔の常在菌まで洗い流してしまいますので、1日に1〜2回までが良いです。

 

 

洗顔料の選び方

年代別で選ぶ

年齢を重ねるごとに肌は乾燥していきますので、肌質にもよりますが40代以上の方は保湿成分の入った洗顔料を使うと良いです。
30〜40代の方は、男性特有の肌トラブル専用のメンズ洗顔料を選んでも良いです。

 

肌質で選ぶ

一般的に男性は女性よりも分泌される皮脂が多いとされています。
年代に関わらず、肌の油分を調整する気持ちで選ぶとわかりやすいかと思います。

 

乾燥肌の方は、保湿成分の含まれている洗顔料を使うと良いのですが、洗顔のあとのケアも重要になってきます。
オイリー肌(脂性肌)の方は、皮脂をしっかりと取れる洗顔料が良いかと言われればそうではなく、肌のダメージにも注意して選ぶ必要があります。
ニキビ肌の方は、アクネ菌対策のされている洗顔料が良いです。またパッケージには必ずニキビ用と書かれいるのでわかりやすいかと思います。

 

洗顔は基本的なスキンケアのひとつですが、ごまかしの効かないメンズ洗顔は特に慎重になりたいところですよね。
肌トラブル自体は、日々の生活習慣から気をつける必要がありますが、洗顔も重要なケアなので怠らないようにして、いつまでも美しく若々しい肌を維持してくださいね。

メンズの方は肌質をあまり理解していない

メンズの方で正しい洗顔をしている方は少ないといわれています。
。お風呂に入った時に、石鹸やボディソープでサっと洗うだけで済ませていませんか。メンズの皆さんは、女性のようにメイクを落としたり、時間をかけた洗顔をする習慣がないのが現実です
でも、正しい洗顔をすることは、メンズの皆さんにも大切なことなんです。いつまでも若々しく、健康的なお肌を維持するために、自分のお肌の質を知り、正しい洗顔を心がけてくださいね。

 

自分の肌質を知る

ベタベタするお肌、カサカサするお肌、Tゾーンは脂っぽいのに頬はゴチゴチ肌、人それぞれ肌質は全く違います。また、メンズの皆さんはお酒を飲む機会や、タバコを吸う人も多いです。ヒゲも生えますから、お手入れやケアも毎日必要ですよね。
メンズの皆さんは、色々な条件が重なって、肌を過酷な状況にしてしまっている可能性もあります。メンズの皆さんは、自分の肌の質を知る機会が中々ないという方も多いですよね。肌は主に4つの種類の肌質に分かれますから参考にしてみてください。

 

乾燥肌

季節問わず、いつも肌がカサカサとして、顔の表情を変えるたび違和感がある。肌に白い粉を吹いていたり、顔全体を触ったときに、カピカピとした硬い感触をしている。シワが目立っていて、唇がいつも乾燥している。肌に痒みを感じることがある。これは、乾燥肌です。メンズの皆さんでも、乾燥肌の人は多く、実は悩んでいる方も大勢います。

 

脂性肌

Tゾーンがいつもテカテカしていて、顔全体を触るとベタつきがある。鼻の頭やあごなどに、吹き出物やニキビができやすい。寒い冬でも、汗をかきやすく肌がしっとりしている。これが、まさに脂性肌です。メンズの皆さんに特に多く、顔の脂からは、自分では気づきにくいニオイがすることもあります。

 

混合肌

混合肌の特徴は、Tゾーンなどはベタベタとしているのに、口元や頬などは乾燥しています。顔全体ではなく、部分的に乾燥したり、脂っぽかったりする肌が混合肌です。また、肌につっぱった感じがあるのに、ある部分にだけいつもニキビや吹き出物ができているなど、混合肌は、肌トラブルを起こしやすいのです。

 

普通肌

普通肌は一番理想的な肌の状態です。いつも潤いがあって、モチモチとした柔らかい肌。程よい量の脂分と水分量があり、絶妙なバランスで常に一定に保たれた肌。ニキビや吹き出物とはほぼ無縁で、トラブルを起こしにくい肌が普通肌です。
自分の肌の状態を見つけ、それぞれに合った洗顔を正しく行い、いつでも褒められる、ステキなメンズ肌になりましょう。

女性のあそこの臭い対策についてはこちら。まんこのニオイ対策について
更新履歴
このページの先頭へ